第二回メルマガ配信は31の金曜日!

こんばんは。

皆様、お元気で御過ごしでしょうか。
ちょっと久々になってしまいました、STAFF BLOG。
こんばんは!

さてさて。今週の金曜日(5/31)は第二回目のメルマガ配信がございます。
今回は、門田氏からのお便り(予定)です。
登録がまだの方は是非、http://ptm-net.com/mail-magazineから登録して下さいね。

あ、因に登録画面にアンケートがあります。
(ご協力下さった皆様、有り難うございます!)

こちらは任意なのですが、今後のライブブッキングとか、ツアーの日程だったりとか、
色んな事の参考にさせて頂きますので、御時間がございましたら御協力頂けますと嬉しいです!

それでは今日は、今更ではありますが。
3月のNY土産に門田氏から頂いたチョコレートのデカさを御知らせして終わります!
なんてったってデカい上に厚さが3cm!!

写真

事務所の皆で感動しながら食べました!Dreamが詰まってて美味しかったっす!

▲TOP

FEVER 4th ANNIVERSARY WANDER for WELL

Poet-type.M 1st LIVE

2013.5.7(Tue)
at_shindaita FEVER

【サポートミュージシャン】
Guitar 楢原英介(VOLA & THE ORIENTAL MACHINE/YakYakYak)
Bass 伊賀航
Drum 伊藤大地(SAKEROCK)
Keybord gomes(FAB)

【PA】
斎須秀一
【booking&LT】
浦本正純(FEVER)

【SET LIST】
1.Sweet heart of moon
2.名も無き景色の中で(I Will Say Goodbye)
3.長い序章の終わりで(Law Name)
4.調律するかのように
5.Blue Moon Shadow
6.Candle for minority
7.ゴスペル2(It’s Show Time)

▲TOP

いよいよ「Poet-type.M」1st LIVE!!

こんばんは。

明日(というか今日)はいよいよ、Poet-type.Mの1st LIVEでございます。
いよいよ皆様へお披露目!!あ〜ドキドキしております。

さて!チケットのお取り置きを頂いている皆様へ「念のため」のご連絡です。
取り置きの引き換えは、FEVERのチケット窓口にて18:00〜行います。
引き換えの際は「Poet-type.M(ヨミ:ポエトタイプドットエム)で取り置きしてます(お名前)です!」とおっしゃって下さい。もし、うっかり名前が出て来なかった場合でも「門田さんの新しいヤツ!(てへへ)」と言えばFEVERのスタッフさんが優しく対応してくれるハズですのでご安心を〜。(その際に精算、チケット引き換えとなります。)
そして、プレイガイドで購入された方も、もし「どのアーティストを観に来ましたかー?」と聞かれたら「Poet-type.M(ヨミ:ポエトタイプドットエム)!」と返して下さいね。こちらも名前が出て来なかったら「門田さんの!(うふふ)」とおっしゃって下さいー。
(明日は開場が18:30です。)

そして明日は、NEW Goodsであります、ステッカー•キーホルダー•ポストカードのセットも販売致しますよ。ので、ひょっこりどんなモノか、是非とも覗きにいらして下さい!(GDHM時代のCDも販売する予定でございます。※門田氏が持って来るのを忘れていなければ…)

そしてそして!何度も申し上げますが、明日の1st LIVEを終えたら「Poet-type.M」は制作に入るので、暫くライブはございません。
ですので皆様、是非とも足を運んで下さいね!

それでは「Poet-type.M」一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

※写真は廃棄物処理室前で。
monden

▲TOP

「名も無い景色の中で」

こんばんは。

皆様、You Tubeに上げました「名も無い景色の中で」はもうご覧頂けましたでしょうか。
まだの方はこちら→名も無い景色の中で(YOUTUBE)

ワタクシはもう、楽曲が良すぎて映像を編集しながら、世界に入り込み過ぎて号泣しそうでした。

さて今回も、門田氏のDEMO音源をそのまま拝借致しました。
It’s Show Timeもそうだったのですが、今回も結構ラフな音源。
やっぱり門田氏が部屋でこもって創った、このDEMOならではの空間や温度を生かしたく。
世に公開するからとMIX等の直しはせず、そのまま使わせて頂いております。
しかし、今回の2曲の様にDEMO音源をそのまま公開する事は、アーティストにとっては少なからず抵抗がある事…。
なのですが「いいね。楽しそう。」と、逆に色々と提案や協力をしてくれた門田氏。(土下座&ひれ伏し)

感謝やー…。

そんな訳で、色んな視点から「名も無い景色の中で」「It’s Show Time」の両作品を映像と共に、じっくり楽しんで頂けますと嬉しいです。(是非ともこの作品達、Poet-type.Mをお広め下さい〜。)

そしてそして、「名も無い景色の中で」と「It’s Show Time」の完成もお楽しみに!!!

それでは!
あ、5/7は絶対見逃しちゃダメですよー。

※動画からこぼれちゃった写真
SONY DSC

▲TOP