2017 / 12

< 11   01 >

Poet-type.M

SUNDAY MONDAY TUESDAY WEDNESDAY THURSDAY FRIDAY SATURDAY

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

★独演会「Pocketful of stardust −2」

25

26

27

28

29

30

31

★独演会「Pocketful of stardust −2」

【日程】2017/12/24(日)
【会場】東京・神楽音
【出演】Poet-type.M with 楢原英介
【時間】開場17:00 / 開演17:30
【チケット】前売¥3000(自由席)※SOLD OUT
【チケット購入URL】http://ptix.at/MmpUc1(10/14(土)10:00より受付開始)
【お問い合わせ】神楽音03-6265-3523

******************
あの晩ばら撒かれた星屑を探している。
「あぁ。これだ。確かにこんな形をしていた。」
と思っても大抵はただのロマンチック化石だ。耳をつけても冷んやりとした感触だけで音は聴こえない。

「ここは一体どこなんだろうね」
Dark & Dark製のタバコは煙いだけで味気がない。星々に監視されながら同時に計測する。自分の現在地を知る事など誰にもできないのだ。
ふと視線を重力に従わせると夏に命を萌やし尽くした新しい落ち葉や枯葉が申し訳なさそうにしていた。
それらは「どこにも辿り着く事のないチケット(乗車券)」だ。
一枚拾いフッと息を吹きかけるとグラスファイバーの様にサラサラと音を立て消えてゆく。
「あ。今のはひょっとして極彩色か?或いはイプシロンは泣いていたよ」
ポケットの中に微かな熱を感じる。目を瞑っていても解る瞬き。
「よし。」
生まれたばかりの星屑だ。ちゃんとあの街の残骸だ。
「じゃあな。少し先でまた逢おう。」
僕は夜空にその星屑を放り投げた。できるだけ遠くの光に向けて。

あの晩ばら撒かれた星屑を探している。

もん
******************