Pocketful of stardust

あの晩ばら撒かれた星屑を探している。
あの晩ばら撒かれた星屑を探している。A Place, Dark & DarkA Place, Dark & Dark
「あぁ。これだ。確かにこんな形をしていた。」
と思っても大抵はただのロマンチック化石だ。
耳をつけても冷んやりとした感触だけで音は聴こえない。

「ここは一体どこなんだろうね」
Dark & Dark製のタバコは煙いだけで味気がない。
星々に監視されながら同時に計測する。自分の現在地を知る事など誰にもできないのだ。
ふと視線を重力に従わせると夏に命を萌やし尽くした新しい落ち葉や枯葉が申し訳なさそうにしていた。
それらは「どこにも辿り着く事のないチケット(乗車券)」Pocketful of stardustPocketful of stardustだ。
一枚拾いフッと息を吹きかけるとグラスファイバーの様にサラサラと音を立て消えてゆく。

「あ。今のはひょっとして極彩色か?或いはイプシロンは泣いていたよ」
ポケットの中に微かな熱を感じる。目を瞑っていても解る瞬き。

「よし。」
生まれたばかりの星屑だ。ちゃんとあの街の残骸だ。

「じゃあな。少し先でまた逢おう。」
僕は夜空にその星屑を放り投げた。できるだけ遠くの光に向けて。
あの晩ばら撒かれた星屑を探している。

-2

「あぁ。これだ。確かにこんな形をしていた。」
ブルーダイヤモンド製のツルハシがBPM123の速度で闇夜に8分音符を刻んでいる。
瑪瑙色ライトの眼をしたアンドロイドが2体、もう3000日は休むことなく黒々としたセル大地を掘っていた。

「ボクラノ血ノイロハナニイロダロウネ?」
「サァネ。手首ニ星屑手首ニ星屑手首ニ星屑ヲマケバワカルンジャナイ?」
「ナルホドネ」

それから先の3000 日はお互い会話のないまま時間だけが流れた。その間ツルハシのBPMは123から全く乱れなかった。

「コノマエノハナシダケド、メモリーシテル?」
「シテイルヨ。血ノイロノハナシダ」
「ソウサ。キミハ星屑ヲ手首ニマケバワカルトイッタ」
「イッタ。デモボクハソレヲススメテイルワケデハナイ」
「ソウサ。ボクハアレカラ72000ジカン、ズットソノコトニツイテカンガエテイタ。」

ブルーダイヤモンドのツルハシのリズムはBPM123をキープしたまま。セル大地の彼方まで静かな残響音を響かせている。

「モシカシタラボクハ血ノイロナンテシリタイクナイノカモシレナイ。」
「ソウサ。ソレハボクモダヨ。」

ブルーダイヤモンド製のツルハシがBPM123の速度で闇夜に8分音符を刻んでいる。
Pocketful of stardust

2017.12.24 [sun] @TOKYO KAGURANE

ダイヤモンドツルハシのリズムはBPM123だった。静かなアクリルブルーの夜、瑪瑙発掘隊は-2地点での発掘を終えようとしている。旧型アンドロイド工員のホワイトノイズの混ざったボイスが大きく静かな音色で響き渡った。

ソレデハ皆サンオ疲レ様デシタ。今回発掘デキタ星屑発掘デキタ星屑発掘デキタ星屑コレニナリマス

小瓶には白い星屑の欠片が幾つか入っていた。
アンドロイド達がイヤーセンサーの感度を上げると遠くの方から聞こえる花火のようなリズムが聞こえてきた。

アァ、コレハ「ただ美しく」ダネ。
ソウダネ。Graceダ。

ねぇ、ところでさ、僕たちはなんで星屑を発掘してるのか知ってるかい?

隣でエーテル水を飲んでいた赤茶色の猫がふとアンドロイド工員に話しかけた。

サァネ。

教えてあげようか?

マダイイヨ。

間もなくまた旧型アンドロイド工員のホワイトノイズの混ざったボイスが大きいが静かな音色で響き渡たる。

サァ、皆サン、コレデ-2地点デノ星屑発掘夜会ハ終了デス。次ハ-1地点ヘ移動シマショウ。物語ハ始マリヲ待ッテイマス。

ちぇっ。つまんないの。

赤茶色の猫が鳴らした小さな舌打ちは誰にも聞こえないまま闇夜にとけていった。

Pocketfull of stardust -2

2018年型の微笑む方法。

発光ポリマー炎がチリチリサラサラと音を立てている。
艶の無い漆黒の暖炉に鼻先をあてながら赤茶色の猫が弾けないギターを弾いていた。

これはキツイにゃ。肉球が邪魔をしてFのコードが弾けない。。

鳴らない和音を脳内で補完しつつ赤茶色の猫は眼を瞑りながら唄っている。

これはキツイにゃ。爪が当たって弦が切れてしまう。。

鳴らないフレーズを脳内で補完しつつ赤茶色の猫は眼を瞑りながら唄っている。

外ではアメジスト色の空から雪が振っている。冷たい真綿の一粒一粒が地面に触れる度、この世界から音を消していった。

ハッピーニューイニャー
ハッピーニューイニャー

赤茶色の猫が唄う和音もフレーズもよくわからない歌だけが空中を彷徨っている。
声は言葉を一つしか選べない。心は沢山の星屑で溢れているのに。
赤茶色の猫はなんとなくそんな事を考えながら唄っていた。
やがてその恣意も忘れ、ただ何かに心を込めて唄っていた。

体に悪い色のアルコールを出すBARから出てきたアンドロイド工員達が幽霊のリズムでターミナルステーションへと向かう時刻。
彼らのイヤーセンサーは音の無い世界でコードもフレーズもよくわからない唄を受信した。

イヤァ。コレハ酷イ音ダネ。地獄デ硝子ガ割レタラバ、コンナ音ガスルノダロウネ。
確カニ酷イ。アノ赤茶色ノ猫ノ声ダ。

それから何も喋る事なくアンドロイド工員達は幽霊のリズムをキープしたまま歩いていった。
やがてターミナルステーションで別々のホームへと消えていく。

ハッピーニューイニャー。
ウン。ハッピーニューイニャー。

それはこの街の誰もが巡り合わせの幸運を静かに祈る夜。

これは番外編。
Poet-type.M official website
△